乾燥防止のために

化粧水

効果や活用法

目元や口元の肌は、特に荒れやすいのですが、それはこれらの肌の厚みが少ないからです。その分水分が保たれにくいので、乾燥してカサカサとした状態になったり、色がくすんだりするのです。放置しておくとシワが生じやすくなるので、多くの人が乾燥改善のために保湿美容液を使用しています。肌の水分は、保湿成分によって保たれているのですが、保湿美容液にはこれが高濃度で配合されているのです。具体的には、コラーゲンやセラミドやヒアルロン酸などです。コラーゲンは、肌から水分が過剰に抜け出ないように、フィルターとして働きます。セラミドは、肌の隙間を埋めることで、水分が出ていくことを防ぎます。そしてヒアルロン酸は、水分を吸収することで閉じ込めるのです。これらの保湿成分は、肌で作り出されているのですが、目元や口元の肌は薄い分、その量が少なめとなっています。だからこそ乾燥しやすく、美容液で補充することが肝心となるのです。保湿美容液は、洗顔後の顔全体にローションを塗ってから、目元と口元とに使用します。乾燥しやすい部分が他にあれば、そこにももちろん使用できます。洗顔後の汚れのついていない肌には、保湿美容液はスムーズに浸透していきます。そのため塗った部分は潤ってつややかになりますし、潤いが保たれることで、くすみやシワなどの肌トラブルが生じにくくなるのです。健康的で若々しい肌を維持しやすくなるため、保湿美容液には高いニーズがあります。